本文へ移動

外装のポイント

Point 1. 屋根のリフォーム
屋根は、住まいの中で最も風雨にさらされる場所。ズレやヒビ割れなどがあると雨漏りの原因になります。普段見えにくいからこそ、定期的なチェック、メンテナンスが必要です。屋根の状態をみて最適なリフォーム方法を選びましょう。

屋根リフォームの方法

●塗り替え
彩色スレートなどの表面塗装を塗り直す方法。屋根材も下地もあまり傷んでいない場合に行います。塗装の種類で耐久性が異なります。

塗り替え

バイオ技術により、防藻性・防かび性のある環境にも配慮した塗料。種類により性能が選べます。
 
スレート屋根用塗料シリーズ
日本ペイント

●重ね葺き

彩色スレートなどの屋根材で、屋根は傷んでいるが下地材がしっかりしている場合。軽量の金属屋根材などを既存の屋根に重ね張りする方法。

カバールーフ工法

ガラス繊維強化アスファルト屋根材。軽量で柔軟、雨音を和らげる機能上の特性などを持つ意匠性の高い屋根。
 
リッジウェイ
旭ファイバーグラス

●葺き替え

屋根の傷みが激しい場合に、既存屋根材を撤去して新しい屋根材を葺きます。下地のやり直しも含めて検討します。
 

葺き替え

瓦としての重厚感を損なわず、さらに軽く。しかも強く。地震時の揺れも軽減する新素材の瓦。
 
ルーガ
ケイミュー
Point 2. 外壁のリフォーム
外壁はモルタルに代表される湿式工法とサイディングなどの乾式工法があります。素材や立地条件で点検時期は異なりますが、3~5年おきに汚れ、カビ、色褪せ、色落ち、反りなどをチェックしてリフォームしましょう。

外壁リフォームの方法

●塗り替え

モルタルやサイディングなど塗装が必要な外壁材を塗り直す方法。

塗り替え

塗り替え

超低汚染塗料で、メンテナンスサイクルを大幅に延ばしてきれいな外観を保ちます。
 
 
セラタイトシリーズ
エスケー化研

●重ね張り

既存の壁材の上に新しい外壁材を張り増しする方法。

カバー工法


外壁材と断熱材をひとつにした軽量で断熱性に優れた金属サイディング。省エネに大きく貢献します。
 
金属サイディング
ガルスパン、ガルバロック
アイジー工業

●張り替え

既存の壁材を撤去して新しい外壁材に張り替える方法。

張り替え

光触媒の働きで汚れを分解し、雨で洗い流します。セラミックコートで色あせも抑えます。
 
ネオロック・光セラ16 セラトピア
ケイミュー
Point 3. 耐震・減震リフォーム
日本は、地震の多い国です。いつ起こるか分からない大地震に備えて、地震に強い家にしたいものです。外装リフォームの際に耐震・減震を考慮してリフォームすると、より安心・快適な住まいになるでしょう。

耐震補強壁工法

既存壁を除去し専用木胴縁を取付け、専用の窯業系サイディングをビス止めして補強するリフォーム。
 
AT-WALL壁王
旭トステム外装

キレイ+耐震・減震

既存外壁の上に耐力面材を取り付け外壁を重ね張りし、重い屋根から軽い屋根に葺き替えて、キレイにトータルリフォーム。
 
K²耐震LaZo工法
ケイミュー
2020年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
2020年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 不動産部定休日
TOPへ戻る